日本政策金融公庫に投資用アパート購入の融資を相談しにいく際の必要書類の準備と保険解約のススメ

どうも、太陽光&不動産投資家のなんなん?です。

太陽光投資はスタートして4年が経ちますが、不動産は4ヶ月です。

今週、築40年の利回り10%台後半、800万円強のアパート購入について日本政策金融公庫に相談に行ってきますので、その際に必要な書類をご紹介致します。

築古のアパートでは、不動産投資で欠かせないオリックス銀行でも、40年ー築年数と言われましたので、

つまり40年ー40年で0年です(笑)

そんな状況ですので、ノンバンクも諦め、地銀は当然論外ですので、公庫融資を申し込もう、という訳です。

先日書きました通り、まず日本政策金融公庫にネットで申し込みをしました。

太陽光発電所売却見積もりとボロアパート購入に向けた公庫融資に挑戦

そして2日後の火曜日に公庫から電話がありまして、面談の日程を決めました。最短で金曜日が空いているということで、そこで一旦きめました。ですが、面談に必要な書類は郵送します、という事で、それでは金曜無理ですよね、って話で来週の火曜日になったわけです。

そしたら翌日の水曜日に速達で届いていました。

そもそも、この時代にわざわざ送料をかけて、ましてや速達料をかけて1枚の書類を郵送しなくとも、メール1本でよくないですか?

ここら辺からしてお役所的だなって感じますし、逆に速達で送ってきて頂けるあたり、役所とは違うな、という感じです。

同じくお役所的な組織の郵便局は全然こんなにユーザーフレンドリーじゃないですけどね。私の住んでいるマンションはオートロックが特殊で、暗証番号しか受け付けておらず、部屋番号で呼び出しができません。なので、ヤマト等は電話してきて頂けるのですが、ゆうパックはごく一部の配達員さん以外の大半の配達員は管理人がいない時間だと、電話もせずに不在票を集合ポストに投げ込んで帰っていきます。そういえば、今後は土曜日の郵便配達もしなくなるそうですね。

そんな目で公庫もどうせゆうちょみたいなんでしょう?と思っていた自分は、速達で公庫から必要書類が届いていたのを見て、土下座して謝りたいと思っちゃいました。

さて、話が素晴らしくそれましたが、日本政策金融公庫から送られてきた「お持ちいただく資料」というタイトルの書面に書かれていた物です。

  1. 太陽光発電及び不動産賃貸にかかる収益状況のわかる書類
  2. 今回取得物件に対する収益見通しがわかる資料、事業計画書
  3. 今回取得する物件に関する見積書
  4. 預金通帳の原本(最近6ヶ月以上)
  5. 公共料金の領収書または支払い証明書(最近6ヶ月以上)
  6. 借入金のある場合は、借入年月、金利、月々のお支払い額、借入金残高のわかる物
  7. 担保に予定されている物件の評価に必要な書類(固定資産税納税通知書課税明細、固定資産税評価証明書、固定資産台帳、契約書・見積書、鑑定評価書、賃貸物件の借家人との賃貸契約書
  8. 固定資産税納税通知書課税明細(または固定資産税課税証明書)(直近年分)
  9. 運転免許証、パスポート、在留カード、特別永住者証明書

太陽光は2基ともアプラスを使って購入しましたので、融資の申し込みは書類一枚と連帯保証人への電話確認のみであっさり終わりましたが、ちゃんとした金融機関の融資はやはり大変ですね。(当たり前ですが)

素人丸出しで恐縮ですが、必死に書類を色々と作り込んでいます。とあるサイトでは、(公庫向けというわけでは無いですが)融資の参考資料として職務経歴書も作った方がいいとか、家系図を作って今後の相続などのアピールをした方が良いとか、色々と皆さん考えているんだな、と思いました。

なので、とりあえず、職務経歴書と家系図も作ってみました。なお、どちらもエクセルやワードを開いてテンプレート検索をすると出てきますので、私は家系図だけそれを使いました。

今まで転職したことがないので職務経歴書を書いたのは初めてですが、実績を並べてみたら、少なくともクビになるような人材では無いとご理解頂けるかと思う反面、なんか自慢話ばかりだし、実績に比べて昇進してないじゃん、という感じでどうなのかな・・・という気分になりましたので、会話のなかで出しても良さそうなら出してみようと思います。

上司にゴマすりはしないが、金融機関にはトコトンする。

By なんなん?

あとは念仏のように、不動産投資ではなく不動産賃貸業」と心の中で唱え続けています。徹底的にすり込んでおかないと絶対出ちゃいますもんね。

他に最近やっていることは、保険の解約です。AFPは持っているので、保険の割高さは理解はしていました。もともと知り合いが保険屋だったので、色々と考えてもらって入っていたので悪い保険ではないのですが、リベ大Youtubeを見て、保険と貯蓄は分けて考えるべきって事に非常に共感をしまして、頭金が必要な事もあるので、思い切ってほとんど解約しました。変額年金は年末調整で節税になるので少しだけ残しましたが、スッキリしました。おかげで毎月3万以上も払っていた保険料が1万円にも満たない少ない金額になったものの、掛け捨てなので貯蓄率は0です。

これもいずれ資産が拡大できたら掛け捨て保険もやめて、保険0円を達成したいと思います。

そんなわけで保険の解約で損も結構出ましたが、250万円ぐらいの資金が作れました。なので、やっぱり保険って大事だなと思ったので、少し後悔した事は内緒です。

でも皆さん、貯蓄型の保険って満期まで続ければ利益になるじゃんって声も聞こえてきそうですが、嘘ですよ。そりゃ数字上はプラスかもしれませんが、どれだけの期間運用してそのプラスを作れているのでしょうか。投資期間利回り考えたら大損ですからね。しかも途中解約は損するという意味で解約できない流動性の無い商品ですから非常に条件の悪い商品です。

「バカと貧乏人は保険に入れ!」By ド◯ゴン桜

私が死んでも家族が暮らしていけるほどの資産は無い貧乏人でございますので、慎んで最低限の保険に加入させて頂きます。

保険の解約金って一時所得なので、解約損は他に一時所得がなければ損益通算ができないため、本当の意味で大損ですね。この損を払ってまで解約したので、ちゃんとこのお金には不動産で働いてもらいます。

まあ、アパートの買い付け申し込みは私は2番手で、しかも1番手の方も公庫を使う予定だそうで、スピード的にも買える可能性めちゃ低いのですが、練習にはちょうど良いと思っていますし、もしこれで融資が通れば次に物件が出てきた時にスピーディーに買い付けできますもんね。

あ、そういえばご報告が遅れておりましたが、アパートの内見頂いた方ですが、残念ながらまだ迷われているそうで満室になっておりません・・・。その後は問い合わせもなく、さすがにもともと動きの少ないエリアで閑散期でしたから、そう簡単にトントン拍子ではいきませんね。

でも管理会社の担当者は今月中になんとかします!とかなり気合入っていましたので、とりあえず様子見しようと思いますが、もし月内に決まらなければ、残念ですが何か戦略を考えていきたいと思います。

さて、火曜日に向けて書類作成と資料集めがんばります!

ではまた!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA