ポータブル電源を購入してオフグリッドソーラーを作ってみた 〜ECOFLOW RIVER〜

太陽光発電&不動産投資家なんなん?です。

AMAZONで購入したECOFLOW RIVERが本日届きましたので、私なりの活用法をご紹介いたします。

私が考えるECOFLOWを活用するメリットは下記の通りです。

  • オフグリッドソーラーのバッテリーとしてちょうど良い
  • 災害の備えになる
  • (個人事業主の方が)事業用として購入すれば経費化でき所得税分安く購入できる
  • 子供にエコの見本として見せられる
  • キャンプなどのアウトドアにも良い

太陽光発電投資は草刈り以外は特にすることがないので、発電を行なっている実感が欲しくて自宅でオフグリッドソーラーを構築しています。

と言いましても、たいそうなものは作っておらず、50Wの太陽光パネルとバッテリーにチャージコントローラーを繋げたシンプルな物です。

パネルは窓ガラスに立てかけているため90度の状態ですので、発電効率無視です。後述しますが、元々は携帯の充電や災害時にちょっとした灯りを点けられたら、ぐらいの気持ちで作ったものです。

ですので、災害時にちょっとスマホの充電やLEDライトが使えればそれで十分ということでしたら、下記のセットで十分です。(ただし制作には配線用のコードを別途購入して配線するなど多少手間があります)

3年ほど前に作ったので、同じ商品がもはや売っていなかったため多少商品は違いますが上記のようなパーツでオフグリッドソーラーを作っています。ちなみに、太陽光パネルからチャージコントローラーへの接続はMC4端子をぶった切って接続しています。

これに無理やりシガーソケットをはんだ付けしていますが、そこにECOFLOW RIVERをシガーソケット接続してみました。

写真をご覧頂いてお分かりになるかと思いますが、シガーソケットに配線をはんだ付けしている超簡易的な物です。(電気の専門家に怒られそうですね)子供部屋の出窓に無理やり置いており、この部分だけ引っ張り出して撮影しましたので酷い写真ですね。。

ECOFLOW RIVERを開封したままのアップデートしていない状態でシガーソケットを接続すると80Wで充電を行なっていました。お、なかなか良いじゃないか、と思ったのも束の間、オフグリッドソーラーの配線が異常に発熱していました。危うく火事になるところでした。。。

そりゃそうですよね、当初は非常時に携帯の充電とかができれば良いか、ぐらいの気持ちで作ったのでこんなに電流を流す想定で作っていませんから、コードが電流に耐えられていませんでした。。。

そこで、Wi-Fiに接続してエコフローのアップデートを実行したところ、スマートフォンの専用アプリから設定を変更できるのですが、シガーソケットの充電電流を4A,6A,8Aの3つから選択できるように変わっていました。

とりあえず6Aで充電してみたのですが、それでも配線が少し温かくなり、4Aでは全く変化なかったので、余裕をもって4Aにセットしました。

上記のシガーソケット入力、という項目です。

4Aだと充電にものすごく時間がかかりますが、どうせ太陽光パネルも50wしかありませんし、アウトドアで使う前に充電が足りていなけれあばコンセントから充電すれば1時間ちょっとですぐに充電完了するみたいですから、特に問題ないです。

私の場合は、あくまでも現在あるオフグリッドソーラーの有効活用が目的です。

少し充電してみましたが、既に夜ですので太陽は出ていませんから、オフグリッドソーラーに接続しているバッテリーからの充電となり、圧倒的に容量がないバッテリーですのですぐに空になりました。

後ろに見える白い板が太陽光パネルです。配線がとっ散らかっていますね。

とりあえず開封時に30%だったecoflow riverが62%まで充電できたので、続きはまた明日太陽が出てきてからですね。

ちなみに、今はMacBook pro(16インチ)の充電が残りわずかだったんで、早速試しにエコフローからUSB-Cで充電しながらこれを書いています。

現在macは70%台まで充電が進みましたが、ECOFLOWの出力は60~70Wぐらいで推移していまして、残量は43%の表示です。結構減りますね。やはりエクストラバッテリーを買うべきか、とも思いますが、もう少し使ってみて検討したいと思います。

ちなみに冒頭の写真は、MacBookの充電完了後のものです。

太陽光発電という投資だけではなく、実際に自宅の生活でも太陽光発電をもっと取り入れていきたいと思いますし、子供にも太陽光発電について興味を持ってもらいたいと思います。(まだ3歳なので無理ですが・・・)

最後に、ECOFLOW RIVERは当然事業経費として購入しましたので節税になっていますが、もちろん仕事用PCの充電、仕事用携帯の充電等に利用していきます。また、現在真剣にマキタの電動刈り払い機(草刈り機)の購入を考えています。

エンジン式は4年使って慣れたので楽で良いのですが、騒音と振動、車に搭載した時のガソリン&オイル臭さの充満問題があります。その点、電動は騒音もなく、メンテナンスも特に必要なさそうな感じです。このポータブル電源を買ってしまったばっかりに、真剣に悩むようになってしまいました・・・。

この辺については、もし購入したらご報告いたします。

ポータブル電源はこういった形でオフグリッドソーラーの受け皿や、キャンプなどのアウトドア、災害時の電源確保(ちなみにECOFLOW RIVER本体の左側についてるのはライトですのでこれだけで明かりにもなります。)にとりあえず1台は持っていて損はないと思います。

とか言いながら、今まで自宅購入も太陽光発電所購入も結婚も3日以上悩んだことはなかった私ですが、これを買うのには1週間は悩みました。それでもなんとかアマゾンで発注して、でも数時間後に少し後悔してキャンセルをしたりしましたが、時すでに遅し。キャンセルできませんでした(笑)こんなに悩んだ事に自分でもびっくりしましたが、届いて使ってみれば満足感はとても高いです。

ただ、電気代のコスパを計算すると私みたいに悩むことになりますので、コスパで考える方は絶対に買ってはいけません。

ではまた!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA