Hello world!

初めまして、1980年代半ば生まれの転勤族サラリーマン、なんなん?です。名前の由来は、口ぐせです。生粋の関東人です。

家族は妻一人、息子一人、うさぎ1羽(2010年生まれ)、保護猫1匹(2011年生まれ)です。

現在行っている投資は下記の通りです。

                       

【低圧太陽光発電】

  • 三重県津市78kW 約2400万円利回り10% 2017年より稼働 アプラスにて15年フルローン購入
  • 千葉県茂原市72kW 約1900万円利回り10% 2018年より稼働 アプラスにて15年フルローン購入

【不動産投資】

  • 木造アパート1棟4室 平成元年築 購入価格800万円 満室想定利回り20% 2021年購入 その後リフォームに400万円かかったため、リフォーム後の満室想定利回りは約15 %

こんな感じですが、どんどん増やしていきたいです。太陽光発電が株以外では人生初の投資ですが、購入した理由は学資保険代わり&節税です。

太陽光発電投資は20年間固定価格で電力会社が購入してくれますので、比較的収入がよみ易く、減価償却は17年、返済が終わる15年後から2年間は手取りが100%近くになり、その後も3年間は所得税は引かれるものの、ちょうど子供の教育費がかさむ時期にマッチする、という事で購入を決めました。

もちろんそれは表向きの理由で、最大の強敵である妻の説得のためのストーリーです。実際にこれで妻の説得に成功して購入しました。説明したのは、高校入学のところから年間200万円ぐらい入るので、海外留学だってできるかもしれない、ということだけです。その説明だけで、反対どころか逆にすごく喜んでいました。

でも、本当の理由は上記の通り学資保険代わりと節税と勉強のためです。10kW以上の太陽光発電は事業所得として認められており、色々な物が経費化できます。この、「事業所得」というところが肝です。通常はサラリーマンの副業は雑所得であり、経費の範囲はかなり狭まり、青色申告の控除も小さくなります。

なお、2基目の購入は2人めが生まれたら・・・と言うことであっさりOKをもらいましたが、借金の額が一気に4000万を超えたので、後でグチグチ言われましたし、子供は現在も一人のままです(笑)

ま、一度やってしまえば、妻の説得なんてなし崩し的にいけるもので、2021年は不動産投資デビューしました。理由は簡単、太陽光をフルローンで買ったので、返済が終わるまでの15年間は全く手残りがないんです。これでは、働けど働けど我が暮らし楽にならず・・・と言うことで、不動産投資です。

投資としては太陽光がデビューですが、ずっと不動産投資を検討していました。ただ、全く儲かる気がしなくて、固定買取の太陽光に心を奪われ、2つも買ってしまったわけですが、太陽光って資産価値ないんですよね。太陽光パネルは毎年減価していって17年で0円、土地はほぼ価値無しですので、担保価値もないため、本当の無価値だって事に気づいてしまいました。(時既に遅し)

さらに追い討ちを掛けるように、最初の頃は償却資産税がたんまりかかり、無価値の土地なのに、固定資産税はしっかりかかります。これが太陽光発電のデメリットです。(なんで自分の土地や設備なのに税金かかるのか意味不明ですよね。私のものは国のもの、国のものは国のもの。みなさん、所有権って実はゴミになるまでは存在しないのかもしれません。)

結局は空室リスクと戦いながら税金をコントロールして、様々な業者さんの利害をバランスさせながら、キャッシュフローを生み出す不動産投資が、色々な学びもあり良いのではないかと見直し、半年かけて物件を探し、親に泣きついて800万借入し購入しました。

そして今後は銀行ウケを考えた経営をし、不動産を増やして、キャッシュフローを増やし、2030年までにマレーシアを念頭に海外移住をしたいと考えております。ちょうど息子が中学生になる年です。

日本はオワコンですからね。

高齢者の高齢者による高齢者のための政府に未来を感じません。

1日でも早く日本を脱出したいです。そして子供には、世界で戦っていけるように、アジアで揉まれて逞しく育って欲しいと考えています。

これからよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA